ひふのクリニック人形町

ひふのクリニック人形町

病院名:ひふのクリニック人形町

TEL 03-6661-1276

休診日 土曜午後、水曜・日曜・祝日

病院情報:https://atopy.com/

院長:上出良一

院長ご挨拶・略歴はこちら

ひふのクリニック人形町上出先生

診察時間はこちら

診察予約はこちら

住所:〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-2-3 アライヴ人形町3F

最新アトピー治療 動画解説

  • 今までのアトピー治療で、なかなかうまくいかなかった人
  • 新しい薬の事を、もっと知りたい人
  • 公的な制度を使った費用の減額が知りたい人
  • 薬の影響などが気になる人

以下の動画を参考になさってください。

①最新のアトピー治療とは どういったものか?

新薬について アトピー患者からの質問

①副作用

②長期利用の費用の事

③今後気を付ける事

アトピー性皮膚炎の患者の一番の悩みである「かゆみ」について、 上出先生にお聞きしました。

●「痒み(かゆみ)」とは何か
●アトピーの痒みは、なぜ起こるのか
●痒みを、どうしたら良いのか

③子供のアトピーを大人に持ち越さないために

●子供のアトピーを大人に持ち越さない方法を知りたい
●子供のうちからす行うケアについて
●ステロイド以外の治療方法と新しい治療への期待

 

④標準治療の何が標準なの?なぜ医者はそれを薦めるの?なぜ最初に標準治療を行うの?なぜそんな名前?

今回は、
アトピー性皮膚炎の「標準治療」と言われるステロイドを使った外用薬の治療

①何をもって「標準治療」というのか
②なぜ「標準」治療と呼ぶのか
③病院が「標準治療」を推す理由
について、お聞きしました。

⑤アトピーでどこの病院に行けばいいの?6つ基準の基準とは

医者探しに悩むアトピー患者の多さ

●病院の場所
●先生が奨める方法
●患者の希望
●患者が実際に取り組めるかどうか

それらすべてがマッチングしないと、良い結果は出ない。だからこそ、どこにかかるべきか悩み、うまくいかず渡り歩きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■■■ 今回の話題

患者の立場から、なかなか聞きにくい話を、現役のドクターで学会の重鎮 上出先生にお聞きしました。何を基準にして医者を選べば良いのでしょうか。

6つ基準の基準

①開示された情報を 自分で調べる
②専門医かどうか
③所属する学会 (医者の活動状況)古いままではダメ
④医者の経歴 (少なくても10年以上の実績)
⑤SNSなどでも良いが、直接話をきける・本人がかかっている情報にふれる
⑥掲示板など、誰が書いたかわからない情報は参考にしない

今まで「標準治療」と呼ばれるステロイドによる治療がメインでした。しかし、今後は変わりつつあります。

  • ステロイドを使った治療にどうしても抵抗がある人
  • なかなか上手に使えない人
  • 全身ひどい症状で大量のステロイドを毎日使わないといけない人
  • 長期使用によっての副作用が出始めている人

そんな方に参考になる動画です。

⑦アトピー性皮膚炎は治るのか?

アトピー性皮膚炎は、子供の頃からの人もいれば、大人になってからの人もいます。ステロイド治療がメインになっているアトピー治療ですが、新薬も登場してきました。

そこで、アトピー性皮膚炎は治る病気なのかについて、上出先生に伺いました。

どのような治療をすると良いのか、どんな方向で治療が進んでいくのかについて、この動画で学べます。

上出先生の所に診察がいけない方にとっても、「病院の効率的なかかり方」が見つかると思います。

 

最近は、私(ライジン)も含め患者同士は、SNSやオンラインコミュニティーで繋がって、情報の共有や、辛い時に声をかけあったりしています。

その中でよくある意見に、「患者の事を解ってもらえない」という意見があります。今回上出先生に思い切って聞いてみました。

この動画を見る事で3つの事がわかるようになります。

  • 患者の解ってもらえない不満を医師はどう思っているか
  • 病院としての取り組み(患者さんとの関係作り)
  • 診察で補えない部分はどうするべきか

診察について : ひふのクリニック人形町

TEL 03-6661-1276

※「新薬ユーザーの会のページを見た」と言うと話しがスムーズです。

休診日 土曜午後、水曜・日曜・祝日

診察時間はこちら

診察予約はこちら

タイトルとURLをコピーしました